疑うことなど知らずに 何かに追われて時はゆく

b0236219_19325656.jpg



愛知県でも雪が降りましたよ。

今年もスキーシーズンがやってきましたが

周りにスキーをやる人がいないので少しさびしいです。



快晴のスキー場は格別で、あれほど1日が短い日もなかなか無いんですが、

ガスで前が全く見えず、視界がオール白の時なんかは

滑っていてゲボ吐きそうになります。



今はスキーよりもボードの方が多いんでしょうか。

僕は両方滑れるのが小さな自慢です。
[PR]

by rabbit-Suz | 2011-12-26 19:40

今日もまた 遠くばかり見ていた

b0236219_183727.jpg


うちのアパートの駐車場には猫がいます。



赤い首輪をつけた白い猫。

鼠にかじられたかの様な傷のある茶色い猫。

そして近寄っても警戒しないトラ柄の猫。

このモデルはトラ柄の猫。



いつも駐車場の縁に座っているのだけれど、

それは我が物顔でもあり、外界との交わりを全く気にしない天才にも見えます。

自信の表れでしょうか。

心の師匠と呼んでいます。

師匠、どこにそんな自信が!?
[PR]

by rabbit-Suz | 2011-12-18 18:36

晴れそうで曇り 毎日 小雨

b0236219_16491760.jpg


どんよりした空が好きな時があります。

今にも落ちてきそうな空の下でカシャリとシャッターを切る。

その世界に飲み込まれそうなファインダーは写真意欲をかきたて、そして消す。



昔、サンダルを蹴り上げる天気占いってありましたよね。

裏返って落ちれば雨。
表向きに落ちれば晴れ。
横になって落ちれば曇り。

僕も小さいころは友達とそれをやっていたんですが一度近所の垣根の向こうまで飛んで行ってしまい、

無くした一足があったのを思い出しました。

どうなっているやら。



そうやって子供の頃ってのは何もいらない、道に転がっている石だけで遊べたものです。

池にはっている氷で一日過ごせたものです。

今一度、童心にかえって雪合戦をしませんか?

雪玉をたくさんつくって。

準備が整ったら行きましょう。

友人の家へ殴り込みに。
[PR]

by rabbit-Suz | 2011-12-11 17:04

どうでもいい季節に革命を夢見てた

b0236219_19574683.jpg


近所の竹藪です

年の瀬にはたくさんの人が初詣に訪れ賑わうお寺があるんですがそこにある竹藪です。

そういうとパワースポットっぽい気がしますね。

今年はどこに初詣に行こうかな。

パワーが欲しい><
[PR]

by rabbit-Suz | 2011-12-04 20:53

時代の隙間へと繋がる黄昏に

b0236219_20233322.jpg


タイムトラベル。

そんな事が出来たらどこに行くだろう。

明治維新がおきた頃。

もっと前のご先祖様や自分が生まれる時も見てみたい。

江戸時代とか生み出されるもの全てが革新的だったんだろうなと思う。



新しいものにドキドキしながら生きていたいよね。
[PR]

by rabbit-Suz | 2011-12-02 20:23